じごくのラーメンや をよんで

ラーメンのイメージ
読書感想文
  • タイトル:じごくのラーメンや
  • ISBN:978-4-7746-1155-6
  • 作:苅田澄子
  • 絵:西村繁男
  • 発行:教育画劇

※内容に触れていますので、ネタバレご注意です。

「じごくのラーメンや をよんで」

表紙の「えんまさま」が充実した表情なので、いや、悪気がない表情なので、おもしろそうだから借りてみました。たのしい絵本でした。

「じごく」は「えんまさま」にとっては、「地獄」というわけでなく、えんまさまが居る場所だというだけなのか。と、思いました。

地獄は、えんまさまにとってはふつうに暮らしている場所で、人間にとって「地獄」なだけなんですね。人間界とは「異文化」なのだけなのでしょう。

「じごくのにんげんたち」が「てんごくへいってみたいなぁ」と言っているのに、えんまさまは「てんごくなんかにまけるもんか!」と、じごくにぴったりの「からーいからーいラーメン」を作るところが、なんとも面白かったです。

それでも天国へ行きたい人間が「ラーメンや」にどしどし押し寄せるのだから、えんまさまは素で「大人気」と言うのです。

一方、天国の仏様たちは、とてものんびりマイペースでいるようで、賢い取引をします。なんだか、言葉遣いとかテンポ感が、けっこう怖いです。仏様たちの方が怖いのでは。。と、思います。

そして、にんげんたちが居る「じごく」は。。。さすがの仏効果!仏様にすがる人間たちをも救う結果に導いてくださるのです。

こういう、とりたてて企んでいるわけでもなく、一石二鳥の結果を得られる人っていますよね。わたしもそんな風になりたいです。

そして「えんまさま」。こういう人もいますよね。

どちらも、あるがまま、個性的でいいなと思いました。

でも、私はどちからに行くとしたら、はじめから「天国」にいきたいです。

おわり


あまりにもサラッと楽しい絵本だったので、感想もサラッとした感じになりました。

もう少し書きたいので、我が子にこの本の面白かったところをインタビューしてみました。

  1. 人間たちの顔
  2. 「じごく」から「てんごく」に場面が変わったページ
  3. おじぞうさんがかわいい

だそうです。天国のイメージは絵的に固まっていなかったようで、この本から具体像が見えてきたようです。

仏様、ラーメン食べてますがね。

ここの所、苅田澄子さんの絵本を続けて読んでいます。楽しい絵本ばかりで我が子は気に入っています。

ので、→コチラ←に感想を書いてます。お時間あれば。

ほんとにおわり。

↓↓第9回リブロ絵本大賞受賞だそうです。

だいぶつさまのうんどうかい作:苅田澄子(リンク先はAmazonです)

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

鳥居の画像
読書感想文
2
ちょうどよい写真集【幼児も大人も小学生も】

前からこのブログでは写真集をご紹介していますが、今回もまたパイインターナショナルさんの写真集をご紹介 …

読書感想文
MAPS-インテリアに近い児童書

おしゃれなカフェとかでみたことがあるかもしれません。見た目が良い感じの地図帳です。 世界の42か国が …