こども部屋の本棚に「こども六法」

投稿者: | 2020-04-09

みなさまのお宅の本棚にはどんな本が並んでいますか?

我が家には図鑑や絵本が多く並んでいますが、その中に少しだけ「マナー」に関する本を混ぜるようにしています。そして最近追加したのは「こども六法」です。

きみを強くする法律の本
いじめ、虐待に悩んでいるきみへ
法律はみんなを守るためにある。
知っていれば大人に悩みを伝えて解決してもらうのに役立つよ!

弘文堂 こども六法の帯から抜粋

いじめや虐待に悩んでいるきみにも、そうでないきみにも、いつでも手に取れるところに置いておきたい本です。

辛いときや悩んだとき、ついカッとなってしまったとき、誰にも話せないときでも、いつもブレないで居てくれる存在が「本」です。

この本は法律や憲法が、項目ごとに分かりやすくまとめられています。主に子どもが出合いやすいケースを想定してまとめられています。

この「出会いやすいトラブル」ってなぜ起こるのでしょう。
私は、子どもが狭い世界で生きているからだと思います。

あなたのいる世界は狭いですよ。って、もっと子どもに教えてあげて良いのではないのでしょうか?

それを教わる機会がない子にとって、その役割を担っているのが「マナー本」だと思います。この本もまた「マナー本」だと言えます。どんな子にも一度は読んでもらいたい自律のための本でした。

特に、読書できるお子さんのご家庭の本棚には、何も言わずに追加して欲しい本でした。

おわり

↓【おすすめ】小学校3年生になる今になり、我が子が気づくと読み返している本です。この本もまた、親離れと自律の一助になると思います。↓

こども部屋の本棚に「こども六法」」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: みんなのためのルールブック ―あたりまえだけど、とても大切なこと【良本】 – ママノトショ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です