こつこつ買い揃えている絵本シリーズ。落語絵本(川端誠)

投稿者: | 2020-04-02

今日はなんだかちょっとうれしくて、書きます。

何年も前に小遊三師匠が笑点で「時そば」を演じていらして、落語も面白いなって思いました。
ほぼ同時期に小学校のイベントまで、ほぼボランティアで来てくださった噺家さんの「初天神」もとても楽しかったです。

そんな、子どもでも大笑いできるような落語がたくさんの「落語絵本シリーズ(クレヨンハウス 川端誠)」を、少しずつ、少しずつ買っていました。

どうして少しずつ買っていたかというと、定価で買えるものが少なかったからです。あとは、全部ほしいかというとそうでもなかったり。
だから、図書館で借りて気に入ったものの中から、定価で買えるものを買い揃えてきました。

ところが、久しぶりにネットショップで検索してみたら、なかなか高値が続いていた「はつてんじん」が定価に!!!(AmazonでもPayPayモールでも定価でありました。ビックリ!)
クレヨンハウスでは相変わらず在庫切れなのに、不思議です。

この「はつてんじん」は、(たしか今年だったと思いますが)たい平師匠が「親子落語」でもお話してくださって、我が子も大好きなお話です。
なので、いま、ぽちっと買ってハッピーです。

休校で、たくさんの時間が与えられてしまった今だからこそ、読み聞かせもできるし、読書もできます。

このシリーズのコレクションが増えた事は、とても幸せ♡

↓過去記事ですが↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です