10分で読める伝記 2年生。(さらりと伝記)

カップのイメージ
読書感想文

↑10分で読める伝記 2年生(Amazon)

「伝記」。
子供の頃、嫌いでした。
なんか無駄に長いと感じてしまったのです。今でも、まぁそう思います。

ですが、やはり息子には読んで欲しいと思っていました。
今なお健在な、あの伝記シリーズはデザインからして買う気にもならず、何かいいものは無いかと探していたら、こちらの本を見つけました。

一人10分で読めるくらい短いのですが、まぁ、「こういう人が居たんだよ」という程度にはちょうど良いのかな。と、買いました。

家に帰り、我が子に読んであげたところ、内容が良かったみたいです。
名前を知っている人のお話は、自分で読み始めました。
自分で読まない物は読んであげています。

「伝記」。
って、なんのためにあるのかな。
と、思う事もあったのですが、「勇気・努力・感動」と表紙にある通り、そういうものを分けてくれる本なんだと思いました。

最近、中間反抗期を迎えた感がある我が子ですが、親の話よりも、短くてシンプルな偉人の言葉は、響くものがあるようです。

8歳の子にはタイミング的に合っていると思います。
伝記は、「こういう人が居たんだよ」という物でなく、「生きるヒント」を与えてくれる物なんだろうなと思います。

と、今更ながら、私も読んでいます。
そしてこのシリーズの「1年生」も買いました。

おわり

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

読書感想文
「八月のひかり」を読んで

始めに、少し本の内容紹介から引用します。 八月、夏休み五年生の美貴は、働くお母さんのかわりに料理や洗 …