【子鉄】気づくと女子といる【あるある5】

電車のイメージ
コラム

幼稚園の頃、我が子の周りにはいつも女子がいました。

幼稚園児の男の子といえば、やっぱり「戦いごっこ」や「追いかけっこ」と、とにかく動き回る子がほとんどでした。

そんな中、我が子は、ほぼどこかで座っていました
乗り換え駅について考えたり、アナウンスを唱えたりしていたのでしょう。

きっと他の子と比較すると「静物」に近かったのだと思います。つまりどんな女の子からも「捕まえやすい」わけです。

先生にお話を聞いてもらいたくても先客がいる。
お友達と遊びたくても「だーめーよ」と言われてしまった。
そんな時に「いつも捕まえられる」のが我が子です。
ちょっと意地悪な事を言うだけだったり、くすぐってみたり、微笑みあうだけだったり、お手紙を置いて行ったり。。。

地蔵かなんかと勘違いしてないかい?

と、思いました。

実際は我が子も動いているし、会話もしているのですが、何か言っても、何かしても、「意外な反応」をしない我が子は、「女の子」にとってちょうど良かったのだと思います。

あの頃は「このまま女子と”あやとり”をして過ごす”のび太”になるのかな」と、心配していました。(のび太でも十分かわいいですが)

でも、これからは少し変わってきそうです。

我が子も小学生になり、「自分は男」である。と主張し始めました。
今までは「スピードが速くてついていけなかった男の子」の中で頑張りはじめました。

おわり

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コラム
やめてほしい夏休みの宿題

我が子は小学生です。今年の夏休みの宿題は、算数と国語のドリル、漢字の書き取り、読書感想文や絵日記など …

落ち葉のイメージ
コラム
こじらせ長女のつぶやき(後編)

長女という役職から離れる!(こじらせ長女のつぶやき(前編)) とは言って見たものの。。。「どうするの …

滑り台の画像
コラム
1
こじらせ長女のつぶやき(前編)

わたし、こじらせ長女です。 父も母もわたしの為に「よかれと思って」過干渉な少女時代を過ごしました。 …