十二支のどうぶつ小噺 をよんで

  • タイトル:十二支のどうぶつ小噺
  • ISBN:978-4-7764-0682-2
  • 作:川端誠
  • 発行所:BL出版

※今回はほとんど内容はお話しませんが、一切知りたくない方は読まないでください。

ちょっと今回、「どうしようかな」と思いました。お話の内容についてはあんまり話したくないけど、でも小学生に特におすすめしたいから書きます。

「十二支のどうぶつ小噺 をよんで」

「おあとのよういがよろしいようで」

この最後のページの文句を、どうしても子どもに聞かせたかったから、この本を借りました。

お話の登場人物は、「噺家さん」「男の子」「女の子」です。
「小噺ってなんですか?」という子どもに、
「やってみようか」と噺家さんが話してくれるところから始まります。

子どもが「十二支のねずみからおねがいします。」となり、鼠から猪まで。最後は「おあとのよういがよろしいようで。」

私が注目したのは「噺家さんと子どものやりとり」です。

当然、噺家さんは「十二支のまとまった一つのお話」を話してくれているのですが、ねずみ、うし、と進むときに「間」が用意されて、子どもに「反応」させてくれるのです。もちろん反応も含めて「小噺」が作られているのですが。

おもしろいところは「おもしろい」と言えて、つまらないところは「つまらない」と言えるのです。「そろそろ苦しいのでは?」みたいに。そうなんです。それ。言ってよいのです。(だってそういうお話だから。)

それを知らない人が、もしかしたら多いのでは?と、思います。

体験談なのですが、ある小学校のイベントに噺家さんが「落語」をやりに来てくださいました。

なんといっても「ここは小学校」です。そこに「お着物のおじさま」が現れて、、、正座して真面目な顔で話し始めるものですから、、、

子どもが「真面目」に聞くんです!!

「笑えよ」と、思いました。

おそらく小学生は「とにかくきちんとしなければ!」と、授業と同じように「聞いていなかった」のでしょう。

子どもが「落語」を知らないのは当然であります。「笑点のおじさんみたいな人がくるから笑っていいよ。」と、ひとこと事前に言われていれば。。。

それでも、ある地帯だけは爆笑していたのです。幼稚園児の地帯です。面白かったから笑っていたのでしょう。

それでいいんだよ。それでいいの。面白かったら笑って、つまらなかった「さむっ!」って。

本当は、ここで私も落としたいのですが。そんなスキルはございませんで。

おあとがよろしいようで。。。。

おわり

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

鳥居の画像
読書感想文
2
ちょうどよい写真集【幼児も大人も小学生も】

前からこのブログでは写真集をご紹介していますが、今回もまたパイインターナショナルさんの写真集をご紹介 …

読書感想文
MAPS-インテリアに近い児童書

おしゃれなカフェとかでみたことがあるかもしれません。見た目が良い感じの地図帳です。 世界の42か国が …